取得時効

取得時効とは、一定期間、所有の意思をもって、平穏かつ公然と他人の物(又は権利)の占有(権利の場合は行使)を継続した場合に、その物又は権利を取得する制度をいう。

自分のものでないことを知っている者は、20年、占有(又は権利行使)の開始の際に善意無過失(つまり、自分のものでないことを過失なく知らなかった)場合には、10年で時効取得する。

消滅時効は、一定期間権利を行使しないことによって権利が消滅する制度であるのに対し、取得時効は、一定期間権利行使を継続することで権利を取得する制度である。

 

鈴木基宏法律事務所(港区麻布十番所在)では、取得時効に関するアドバイスを行っています。

 

 

弁護士 鈴木基宏

法律相談のすすめ

些細な事でも、将来に禍根を残すことのないように、弁護士に相談をして対策を取る事をお勧めいたします。当事務所の法律相談をご利用ください。

相談費用(初回)

1時間当たり1万円(税別)

(但し、30分未満の場合5千円(税別))

※受任に至った場合相談料は報酬から差し引かせていただきます。