匿名組合

匿名組合とは、当事者の一方が相手方の営業のために出資し、その営業から生ずる利益を分配することを約束する契約をいいます。匿名組合契約に基づき匿名組合出資を行う者(投資家)が匿名組合員、匿名組合出資を受けてその出資を匿名組合事業の運営に利用し、匿名組合事業から得られる利益を匿名組合員に分配する者を営業者といいます。
当事者の契約により成立することから、比較的容易に利用することができ、また匿名組合自体には法人格はなく(SPC自体には法人格はあります)、匿名組合課税はされないため、匿名組合事業の利益をそのまま匿名組合員へ分配できることから、不動産流動化の手法として多用されています。

弁護士 鈴木基宏

法律相談のすすめ

些細な事でも、将来に禍根を残すことのないように、弁護士に相談をして対策を取る事をお勧めいたします。当事務所の法律相談をご利用ください。

相談費用(初回)

1時間当たり1万円(税別)

(但し、30分未満の場合5千円(税別))

※受任に至った場合相談料は報酬から差し引かせていただきます。