拒否権付株式

明けましておめでとうございます。本年も、鈴木基宏法律事務所(港区南麻布所在)をよろしくお願いいたします。

 

拒否権付株式の概要

現行会社法の下では、拒否権付株式黄金株)を発行することができます。

 

拒否権付株式を発行した場合、定款であらかじめ定められた株主総会や取締役会で決定すべき重要事項について、拒否権を有する株主による種類株主総会の決議が必要とされ、同種類株主総会の決議を得ていなければ、その重要事項は効力を生じません。

つまり、一定の重要事項について拒否権を有する株主の賛成がなければ、会社はその重要事項を決定することができません。

 

拒否権付株式の利用例

例えば、取締役等の選任、組織変更その他の会社の重要事項の決定について拒否権を定めておけば、後継者に経営を委ねて自らは経営から退くこととしていたとしても拒否権を発動することで、後継者による暴走や浅薄な知識・経験による決定に基づく会社価値の棄損を抑止することができます。

 

問題点

ただし、重要事項について拒否権を有する株主の種類株主総会で否決されることが繰り返されると、結局その事項を決定できず、デッドロック状態に陥ってしまいます。このような場合を考慮に入れた上で(場合によってはデッドロック状態を解消する手はずをあらかじめ整えた上で)、導入する必要があります。

 

なお、拒否権付種類株式を発行すると、上場廃止基準に抵触するおそれが高いため、現在のところ上場会社のうち拒否権付種類株式を発行している会社は、例外的に認められた1社(国際石油開発帝石株式会社)のみのようです。

弁護士 鈴木基宏

法律相談のすすめ

些細な事でも、将来に禍根を残すことのないように、弁護士に相談をして対策を取る事をお勧めいたします。当事務所の法律相談をご利用ください。

相談費用(初回)

1時間当たり1万円(税別)

(但し、30分未満の場合5千円(税別))

※受任に至った場合相談料は報酬から差し引かせていただきます。